日産マーチをベースに開発されたルノー・パルス

ルノーは29日、インド市場へ投入する新型コンパクトカー、『パルス』(PULSE)の概要を明らかにした。

パルスは、インドではセダンの『フルエンス』とクロスオーバーの『コレオス』に続く、ルノーの第3弾モデル。インド市場において、5台に4台を占めるというコンパクトカー市場に参入するために開発された。

パルスのデザインは、インド・ムンバイのルノーデザインセンターが担当。日産『マーチ』をベースに、専用のフロントマスクが採用されるのが特徴だ。

その表情はというと、一部がブラックアウトされたバンパーやメッシュグリルによって、どことなく日産『GT-R』風。マーチとは異なるフロントマスクに仕上げられている。

エンジンは、1.5リットル直列4気筒ターボディーゼル「dCi」ユニット。ルノーによると、フリクション低減技術などに、F1エンジンのノウハウを応用しているという。

パルスは、主に都市部の若い顧客をターゲットとして、2012年1月に発売。生産は、ルノー日産のインド・チェンナイ工場で行う。ルノーは、「高い燃費性能を備え、都市部でも郊外でもファントゥドライブが楽しめる車」と説明している。

日産マーチをベースに開発されたルノー・パルス