フリードGエアロ《撮影 内田俊一》

ホンダ『フリード』シリーズがマイナーチェンジした。このエクステリアのデザインコンセプトは “Clean & Dynamic”である。

開発責任者の安木茂宏氏は、このコンセプトをもとに、「エアロ仕様は専用部品を増やして、ベースモデルよりもさらにダイナミックで存在感のあるデザインにしました。ハイブリッドは、このエアロ仕様をさらにクリーンでダイナミックなデザインにして、Top of the Lineの位置づけとしました」という。

具体的には、ベースとなる「Gジャストセレクション」では「フロントマスク及びテールゲートを刷新してよりスタイリッシュなデザインにし、エアロ仕様は専用グリル、専用バンパーなどを採用して存在感を際立たせています。そして、ハイブリッドのフロントはアクリルカバーのグリルと、ヘッドライトとリアコンビランプをクリアブルーで統一し先進性を表現しました」と話す。

デザイン開発室1スタジオの川口将吾さんは、「好評なデザインをさらにブラッシュアップする方向でデザインしました。ハイブリッド追加が大きな目玉なので、エコや環境性能、そして先進感をエクステリアでわかりやすく訴求する、そういうデザインを心がけました」と語った。

フリードGジャストセレクション《撮影 内田俊一》 フリード・ハイブリッド《撮影 内田俊一》 フリード・ハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 フリード・ハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 フリードスパイク・ハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 フリードスパイクGエアロ