フリード・ハイブリッド《撮影 高木啓》

ホンダ『フリード』シリーズは、マイナーチェンジに伴い乗車人数の変更が行われた。

開発責任者の安木茂宏氏は、快適性を追求するにあたって、「より快適な一人一人の居住空間を提供するか、それとも、ミニバンとして多くの人を乗せられるべきかについて、(ターゲットユーザーに対し)徹底的に調べました」という。

その結果、「8人乗りを選んでいるユーザーは、乗車定員の多さよりも、例えば、赤ちゃんのおむつ替えをしたり気軽に手荷物を置いたりすることが出来る、2列目にベンチシートがあることを重視する。7人乗りでは、車内を自由に行き来することが出来るウォークスルー機能を重視している」ことが分かった。

つまり、乗車人数よりもゆったり過ごせる快適空間を提供したほうが、よりユーザーに喜んでもらえるということなのだ。

そこで、新型フリードでは、ユーザーの目的に合わせ、7人乗りでは2列目をベンチシートに、6人乗りではウォークスルーを設定。5人乗りに関してはスパイクでの対応を踏襲した。

また、フリードの3列目は3人掛けをやめ2人掛けとする代わりに、快適性と使い勝手を両立させた。「シートクッションの大型化、センターアームレストの追加などにより、ゆったりとくつろげる空間とし、中央にはゲームやカメラなどの小物を収納できるポケットを装備。そのポケットは子供が寝転がっても痛くないソフトな素材にしました」

そして、「2列目も一人ひとりの快適性を高めるため、キャプテンシート(6人乗り)では外側にアームレストを追加。また、ベンチシート(7人乗り)では3席ともにヘッドレストと3点シートベルトを装備」させることで、それぞれのシートがさらに快適にかつ安全に乗車できるという。

フリードスパイク・ハイブリッド・ジャストセレクション シートレイアウトの考え方《撮影 内田俊一》 シートレイアウトの考え方《撮影 内田俊一》 ホンダ フリードハイブリッド 7人乗り《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フリードハイブリッド 7人乗り《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フリードハイブリッド 7人乗り《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フリードスパイク ハイブリッド《撮影 宮崎壮人》