8.4リットルV10を搭載する現行ダッジ バイパー(2010年7月に生産終了)

クライスラーグループが、現在開発中の次期ダッジ『バイパー』。世界的にダウンサイジング(エンジン排気量の縮小)傾向が強まる中、この流れに真っ向から背く孤高のスポーツカーとして登場するようだ。

27日、クライスラー車のファンサイト、『ALLPAR.COM』が伝えたところによると、次期バイパーには、現行の8.4リットルから排気量を拡大した8.7リットルV型10気筒ガソリンエンジンが搭載されるという。

この8.7リットルという排気量、クライスラーの市販車としては、過去最大。出力については、8.4リットルの600psを超えるのは確実と見られる。

次期バイパーは2012年秋、生産が開始される予定。それに先駆けて、年内にはプロトタイプが初公開される可能性がある。

8.4リットルV10を搭載する現行ダッジ バイパー(2010年7月に生産終了) 8.4リットルV10を搭載する現行ダッジ バイパー(2010年7月に生産終了) 次期バイパーが8.7リットルV10を積む可能性を伝えたクライスラー車のファンサイト『ALLPAR.COM』