レース場の各エリアで、メインスタンドの大型ビジョンで放送している映像や音声をワンセグ対応端末で受信できる

11月11〜13日の3日間、富士スピードウェイで開催する「JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON FUJI SPRINT CUP 2011」で、ワンセグ実験放送が実施される。

同実験放送は、地上デジタル放送への移行により空いたチャンネルを利用した研究開発や実証実験を行う、総務省創設の「ホワイトスペース特区」に富士スピードウェイが選定され可能となった。

今大会では、会場内の一部を除く各エリアで FSW.TV(28ch)に合わせることにより、メインスタンドの大型ビジョンで放送している映像や音声を、ワンセグ対応の携帯電話やカーナビゲーション、携帯型テレビ等で楽しむことができる。

なお、主催者では、バッテリー切れ防止のため、携帯充電器等の持参を呼びかけている。