日本自動車工業会が発表した9月の四輪車生産台数は前年同月比4.5%減の88万3593台となり2か月ぶりに前年同月を下回った。

東日本大震災で寸断したサプライチェーンが復旧して自動車生産台数は回復してきたが、欧米の景気先行き不透明感もあって、再びブレーキがかかった。

車種別では、乗用車が同5.2%減の75万6615台と、2か月ぶりにマイナスとなった。このうち普通車は同5.2%減の43万9947台、小型四輪車は同4.0%減の20万2517台、軽四輪車が同7.6%減の11万4151台だった。

トラックは同1.5%減の11万5846台で2か月ぶりにマイナスとなった。バスが同24.2%減の1万1132台と4か月連続プラスだった。

9月の国内需要は46万2192台で、同2.1%の減少。輸出は同8.8%増だった。