東京モーターショーで日本カーオブザイヤーが発表される(写真:2010-2011 日本カーオブザイヤーの受賞車はCR-Z)

12月3日、2011-2012年の日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車が、東京モーターショーで発表される。その選考対象となるノミネート車や選考方法を、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が26日公表した。

ノミネート車は、2010年10月1日から2011年10月31日までに発表または発売され、年間の販売台数が500台以上見込まれている乗用車が対象となる。

12月3日に決定されるのは「日本カー・オブ・ザ・イヤー」のほか、「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」(日本カー・オブ・ザ・イヤーに日本国産車が選出された場合)、「10 BEST CAR」、「実行委員会特別賞」。

今後のスケジュールは、11月4日に開催される一次選考会により上位10車を日本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考の候補車としてノミネート。11月18日の10ベストカー取材会においてイヤーカーへの投票を実施する。

トヨタ・プリウスα(ノミネート車の例) 日産リーフ(ノミネート車の例) ホンダ・フィットHYBRID(ノミネート車の例) マツダ・デミオ13-SKYACTIV(ノミネート車の例) ダイハツ・ミライース(ノミネート車の例) フィアット500ツインエア(ノミネート車の例) ボルボS60(ノミネート車の例)