コマツ、ホイールローダーWA150

コマツが発表した2011年9月中間期の連結決算は、営業利益が前年同期比27.9%増の1329億円と大幅増益となった。

売上高が同14.7%増の9858億円と大幅増収となった。建設機械・車両部門の需要は、中国では減少したものの、他の戦略市場や日本、北米、欧州で前年同期を上回り、鉱山機械分野では特に好調に推移した。同社は東日本大震災からいち早く通常の生産体制に復旧させ、これら需要の増加を的確に捉えたことにより、売上げを伸ばした。

産業機械他部門では、ワイヤーソーの受注は前年同期を下回ったものの、既受注分の販売が進んだ。また、自動車業界の設備投資が回復したため、プレス機械、工作機械の販売も増加した。

収益では、増収や製造原価改善の効果もあって税引前四半期純利益は同30.1%増の1302億円となった。当期純利益は同48.5%増の946億円となった。

通期業績見通しは為替差損や中国でのワイヤーソーの販売が低迷する見込みから下方修正した。売上高は前回予想より1000億円マイナスの2兆0500億円、営業利益が230億円マイナスの2820億円、税引前当期純利益が240億円マイナスの2760億円となる見通し。

最終利益は2000億円を予想していたが1860億円となる見通し。