オートバックスは、2011年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。

タイヤやデジタル放送用チューナーの売上増、カーナビの卸売粗利の改善、タイヤの値上げ前の駆け込み需要に伴うリベートの増加などにより、売上げが改善。売上高の見通しを前回予測から6億円プラスの1147億円とした。

また、震災後の販促の自粛による販促費、節電の取り組みによる諸経費、弁護士費用などの支払手数料などが期初計画を下回り、収益も改善。営業利益は14億円プラスの61億円、経常利益は18億円プラスの72億円、純利益は12億円プラスの42億円に、それぞれ上方修正した。