トヨタ自動車は27日「トヨタ環境活動助成プログラム」の2011年度の助成対象を決めたと発表した。

前回同様、生物多様性と地球温暖化を対象テーマとし、さらに今年が国連国際森林年であることから、それぞれのテーマで森林保全の観点を踏まえることが望ましいとして公募した。

海外プロジェクト支援枠と、国内プロジェクト支援枠の二つの助成枠で、募集期間中の申請は91件。 1次選考および、有識者で構成する選考委員会での審議を経て、海外・国内プロジェクト合わせて21件の対象プロジェクトを決定した。

海外プロジェクト支援枠は「ベトナム クアンチ省ダクロン郡における森林生態系の保全活動」など11件。国内プロジェクト支援枠は「千葉県九十九里海岸保安林復興のための植林活動とその保育」など10件が助成対象となった。森林保全の観点を踏まえた活動に加え、東日本大震災の被災地復興支援に関連したプロジェクトも採択した。

2000年のプログラム開始以来、助成対象の累計は、世界47か国で214件となった。