新型BMW1シリーズのユーロNCAPの衝突テスト

欧州で唯一の公的衝突テストを行うユーロNCAPコンソーシアムは26日、新型BMW『1シリーズ』の衝突安全テストの結果を明らかにした。

ユーロNCAPの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、ポール衝突29km/h、歩行者衝突40km/hで行う。日本や米国の基準とほぼ同じ、世界で最も厳しい条件で実施される衝突テストだ。

また2009年2月、ユーロNCAPは新評価システムを採用。評価の割合に応じて、ポイントが配分されるようになった。最重要視される「成人乗員保護性能」には、ポイントの50%を配分。「子ども乗員保護性能」と「歩行者保護性能」には各20%、エアバッグやABS、ESCなどの「安全補助装置の有無」には10%を配分する。最高評価の5つ星を獲得するためには、総合評価が90ポイント以上必要とされる。

新型1シリーズのテスト結果を検証すると、成人乗員保護性能は33点。同時にテスト結果が公表されたトヨタ『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)同様、追突時に乗員がむち打ちとなる可能性が指摘されたものの、他の部位において、ダミー人形が受けた傷害レベルは、総じて低い。

また、子ども乗員保護性能は41点。歩行者保護性能は23点。安全補助装置の有無は6点。

この結果、新型1シリーズの合計ポイントは103点に。総合評価で5つ星に輝いた。ユーロNCAPの最近のテストでは、新型『5シリーズ』が110点、『X1』が101点、新型『X3』が97点を得て、5つ星を獲得している。

新型BMW1シリーズのユーロNCAPの衝突テスト 新型BMW1シリーズのユーロNCAPの衝突テスト 新型BMW1シリーズのユーロNCAPの衝突テスト 新型BMW1シリーズ日本発表《撮影 野口岳彦》 新型BMW1シリーズ日本発表《撮影 野口岳彦》