ホンダ・インサイト・エクスクルーシブと常務執行役員の峯川尚(むかって右)、開発責任者の大窪毅(左)

ホンダは27日、ハイブリッドモデル『インサイト』を一部改良するとともに、1.5リットルエンジン搭載モデルの「インサイト・エクスクルーシブ」を追加し、11月11日から発売すると発表した。

インサイトは、外観デザインの変更や内装の質感を向上。さらにエンジンのフリクション低減技術などにより、燃費性能を31.0km/リットル(10・15モード)に向上させている。

また、インサイト・エクスクルーシブは、スタイリッシュで上質感のある専用のエクステリアおよびインテリアとし、『CR-Z』に採用している1.5リットルエンジンを専用チューニングし搭載。26.5km/リットル(10・15モード)の優れた燃費性能と気持ちの良い走りを実現する。

価格はインサイトが193万円から。同エクスクルーシブが208万円から。

インサイトG インサイト・エクスクルーシブXL インサイト・エクスクルーシブ XL・インターナビセレクト インサイトG インパネ インサイト・エクスクルーシブXL、インターナビセレクト インサイト インサイト・エクスクエルーシブ1.5リットルエンジンカバー+IMAエンブレム インサイト1.3リットル i-VTECエンジン+IMA インサイト、ecoスコア表示(マルチインフォメーション・ディスプレイ) インサイト・エクスクルーシブ《撮影 高木啓》 インサイト・エクスクルーシブ《撮影 高木啓》