アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》

アストンマーチンがヨーロッパに続き日本と香港で販売を開始した『シグネット』。全長約3mのコンパクトカーながら、そのデザインはフラッグシップ『One-77』や『V12ザガート』、『ヴァンテージ』など、あらゆるアストン車と全く同じ理念が貫かれているのだという。

日本での公開に先立ち、香港で開催された発表イベントの中でチーフデザイナーのMarek Reichman氏は、「アストンマーチンの理念である『パワー・ビューティ・ソウル』はシグネットにも受け継がれています。シグネットでは『ビューティ』に特化し、3mのボディに美しさを閉じ込めました。レザーや金属の一部まで、すべてが間違いなくアストンマーチンです。そのロジックは他のモデルと全く同じなのです」と語った。

シグネットのベースとなっているのはトヨタ『iQ』だが、エクステリアでの共用部分はルーフとリアフェンダーのみで、他は新規デザイン、設計だということからも、その情熱は伝わる。

アストンマーチンらしさの象徴とも言えるフロントグリルは、フロントマスクのボリューム感と流れるラインを崩さないよう、ヘッドライト下のカーブに特に注意を払ったという。また、ヘッドライトを縁取り、Aピラーへと続くエッジもアストンマーチンらしさを演出するポイントとなっている。さらにフロントアンダーグリルを横一文字とし、サイドを押し出すことで、コンパクトカーながら接地感を高め、腰高感を払拭させた。

フェンダーにはおなじみのサイドストレイクを設置することで、サイドからでもアストンマーチン車であることを主張する。リアは最新のデザインアイコンである「コの字形」のLEDブレーキランプを採用するなど、ブランド特有のデザイン言語を備えたことで「圧倒的な存在感を示す」ものとした。

インテリアには、レザーやアルカンターラなど上質な素材をふんだんに使用。ハンドメイドによって作られるシートには手縫いのステッチも施される。使用されるレザーの量は、ラグジュアリーGTカー『DB9』とほぼ同じという力の入れようだ。

Marek Reichman氏は、「シグネットは都市向けのラグジュアリーカーです。コンパクトですが、決して小ささを感じさせません。誰がみてもアストンマーチンとわかる存在感があります。そしてドライバーは、渋滞の中にいてもアストンマーチンの世界をいつでも感じることができるのです」とアピールする。

アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン チーフデザイナー Marek Reichman《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン シグネット《撮影 宮崎壮人》