【東京トラックショー11】温度管理機能付ボトラーカー SGモータースが開発

SGホールディングスグループで車両整備・新車販売・ボディ販売事業を展開するSGモータースは、オリジナルボトラーカー「FVV」をベースに、温度管理機能付きボックスなどを搭載した『ニューFVV』を開発した。

今回のニューFVVは、最近の猛暑対策や節電対策、搬送品の多様化を考慮して温度管理機能付きボックスを搭載し、ドライバーの立場に立った機能改善を取り入れ、一般道での作業に伴う安全性の向上を図ったのが特長。

同社はクール便車両の製造で培ったノウハウを活かし、温度管理機能ボックスを開発した。ボックスサイズもベンダー業界に適したサイズとし、缶飲料を事前に予冷することが可能で補充後すぐに販売できる。

また、リアドアを開放するとドア先端部に付けたLEDライト(追突防止ランプ)が点灯して積み下ろし作業での安全性向上を図った。また、飲料後の空き缶を回収した際、通常荷台天井上にある廃カップにドライバーがはしごを利用して上げる作業を行っている。今回、この廃カップを自動で下降する機能を付け、ドライバーの高所作業からの安全を確保した。

さらに、最新のテクノロジーにより高いセキュリティ・耐久性を実現するとともに、ドライバーが近づくだけで開閉が自動で行われる。

ニューFVVは10月27日から開催される「2011東京トラックショー」に出展する。また、同トラックショーにはグループのSGシステムが開発した宅配専用車載ナビゲーション・システム「Biz-Navi」も共同出展する。