アメリカンホーム保険は、終身保険の販売を11月1日から開始すると発表した。同じチャーティスグループの富士生命保険の募集代理店として取り扱う。

新たに販売を始める「みんなのせいホッ終身保険」は病気や不慮の事故などで死亡または高度障害の状態になった場合に保険金が支払われるもので、保障額が200万円または500万円の2つのプランを設定している。

保険料払い込み期間中の解約返戻金を通常の終身保険の70%に抑えることで保険料を割安に設定しているほか、払い込み満了後に年金や介護保障に移行できるなどの幅広い選択肢も用意しているのが特徴。

アメリカンホームは損保会社として自動車や家財などの損失を補償するための商品と、医療・傷害保険といった病気やけがを補償するための商品を通信販売で提供してきたが、契約者の中には病気による死亡時の保障を望むケースも多いことから、今回生命保険を品ぞろえに加えることにしたとしている。