TVRローデスト

三菱自動車が発表した2011年度上半期(4〜9月)の生産・国内販売・輸出実績によると総生産台数は、前年同期比1.1%減の55万6192台となった。

国内生産は同12.6%減の28万1954台と低迷し2期ぶりにマイナスとなった。東日本大震災の影響で減産したことなどが響いた。

海外生産は同14.3%増の27万4238台と2期ぶりに前年を上回った。欧州は低迷したものの、アジアと北米が好調だった。

国内販売は同19.7%減の7万1316台となり、2期ぶりに前年を下回った。震災影響による納車の遅れやエコカー補助金制度終了による反動減が主因。

輸出は同4.4%減の20万7363台と2期ぶりに前年を割り込んだ。アジア、北米、欧州の主要市場向けは好調だったものの、その他地域で落ち込んだ。

D:5