23日午前1時20分ごろ、群馬県桐生市内の駐車場で、不審車両の運転者に職務質問していた警官が、このクルマにはねられる事件が起きた。クルマはそのまま逃走しようとしたが、別の警官が拳銃で射撃。乗っていた2人の男を殺人未遂などの容疑で逮捕している。

群馬県警・機動捜査隊によると、現場は桐生市東6丁目付近にあるJR両毛線高架橋下に設置された駐車場。今年7月に伊勢崎市内で傷害事件を起こし、手配中の男が乗っている可能性が高い不審な軽乗用車をパトロール中の隊員が発見。36歳の巡査長が職務質問しようとしたところ、クルマが急発進して巡査長をはねた。

巡査長は左足を骨折する重傷。クルマは約30mバックし、さらに突進してくる構えを見せたことから、一緒にいた38歳の巡査部長が「止まれ、撃つぞ」と3回警告した後、フロントガラスに向かって拳銃1発を直接発砲した。

クルマは直後に停止。警察は運転していた太田市内に在住する24歳の男と、助手席に同乗していた20歳の男を殺人未遂と公務執行妨害の現行犯で逮捕した。助手席の男が手配中の人物だったという。

警察では2人を厳しく追及。運転の男については犯人隠避容疑でも事情を聞く方針だ。