イメージ

22日午後6時5分ごろ、岩手県奥州市内の市道で、徒歩で道路を横断していた77歳の男性が乗用車にはねられる事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡。クルマはそのまま逃走したが、警察は後に同市内に在住する20歳の男をひき逃げ容疑で逮捕している。

岩手県警・江刺署によると、現場は奥州市江刺区八日町付近で片側2車線。信号機や横断歩道は設置されていない。77歳の男性は徒歩で道路を横断しようとしていたが、進行してきたクルマにはねられた。

クルマはそのまま逃走。男性は通行人が発見して警察と消防に通報し、近くの病院へ収容されたが、全身強打と外傷性ショックが原因でまもなく死亡した。

警察ではひき逃げ事件として捜査を開始したが、事故から約1時間後に「クルマを当て逃げされた」という通報が同市内に在住する20歳の男から寄せられた。これを受けた同署員が車両の確認を行ったところ、フロント部に対物衝突痕を確認。クルマに当て逃げされた接触痕とは異なることから男を追及したところ、ひき逃げの事実を認めたため、23日未明に自動車運転過失致死や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

警察では男を厳しく追及するとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。