日本電産が発表した2011年9月中間期の連結決算は、営業利益が前年同期比23.7%減の395億4400万円と減益となった。

前年同期比約10%の円高となったことで為替差損が発生。営業利益では約44億円の減益要因となった。

売上高は同7.5%増の3616億9800万円と増収だった。

一部の製品が東日本大震災による顧客のサプライチェーンの影響を受けたものの、一般モータが大きく伸張し、増収に貢献した。