古野電気は25日、新型ETC車載器『FNK-M07T』を開発、11月下旬より発売を開始すると発表した。

新製品は、料金音声案内タイプの同社『FNK-M05』の後継機種。基本機能はそのままに、新たに「LED内蔵アンテナ」と「ETCカード有効期限通知機能」機能を追加。さらに、本体を従来機種に比べて約30%(面積比)小型化。シンプルで丸みのあるやさしい本体形状とした。

またアンテナの設置では、フロントガラス貼付とダッシュボード設置の2パターンに対応できるマルチ機能を採用。取付作業の簡略化が図られている。

加えて、市販品では初めてとなる3年間のメーカー保証を付帯。安心・安全なETC利用環境を提供する。

価格はオープン価格。