日野が東京モーターショー2011で初公開する、商用EVのコンセプトモデル

日野自動車は、東京ビッグサイトで開催される第42回東京モーターショー2011(12月2日〜12月11日)で、商用EVのコンセプトモデルと『デュトロ・プラグインハイブリッド』を世界初公開すると発表した。

世界初公開となる『小型EVバン・コンセプト』は、日野が考える商用EVのコンセプトモデルで、商業施設の密集した都市部等での短距離輸送に最適なワンボックスバンとしている。エンジン、トランスミッションの代わりにコンパクトな電気モーターをフロントに搭載し前輪を駆動することで、低床で大きな荷物スペースを確保することができるという。

また、デュトロ・プラグインハイブリッドは、デュトロ・ハイブリッドに外部の電源から充電できるようにしたモデル。外部の電源から直接バッテリーに充電できるため、アシスト量を増し、またモーターでの走行距離を延ばすことが可能という。さらに、災害などの非常時にはハイブリッドシステムのバッテリーから外部へ電源を供給する機能も備えた。

ブースには、世界初公開モデルを含めた参考出展車5台、市販車の小型ハイブリッドトラック日野『デュトロ・ハイブリッド』2台の計7台を出展する。

同社は、出展テーマを「人に、暮らしに、もっとやさしく、もっと便利に」とし、商用車に触れる機会の少ない人にも分かりやすく紹介。また、環境にやさしい商用車のこれからのあり方についても提案するとしている。

日野デュトロ プラグインハイブリッド 日野セレガ ハイブリッド プレミアム HINO 700 Series ダンプ(輸出仕様車) 日野レンジャー ダカールラリー2011参戦車 【東京モーターショー11】日野、小型EVバンやPHVを初公開