豊田自動織機 空気エンジン車『KU:RIN(クーリン)』

トヨタ自動車は11月27日に富士スピードウェイで開催するクルマ好きの祭典「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2011」の新たに決定したドライバーや出走車両、イベント内容詳細を発表した。

トヨタのモータースポーツ史を彩ってきたレース車両が走行する「ヘリテイジ・オブ・トヨタ」では、『ニュートヨタ7』や『TS010』に加え、F1カー『トヨタTF109』を、TDPドライバーの中嶋一貴がドライブ。2年ぶりのF1カー走行を披露する。

さらに、先日空気エンジンでの世界最高速度記録のギネス世界記録申請で話題となった豊田自動織機の「夢の車工房」で開発された『KU:RIN(クーリン)』のデモ走行も行われる。

また、新たな試みとして、朝7時30分より1時間15分にわたって、レーシングコースを開放。実際にコース上にご自身の足で立って実感できるのと同時に、コース路面にメッセージを書き込んでいただく「メッセージドローイング」を開催する。

グランドスタンド裏のファミリーエリアでは、ダカールラリー車両やはたらく車などの展示に加え、親子それぞれで楽しめるカートや親子バイク、キッズ向けのメカ教室やソープボックスカー、ミニ四駆など、家族で楽しめる企画も用意される。

TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2011