とにかくスタイリッシュなワゴンである。《撮影 青山尚暉》

ボルボ『V60』はそのスタイリッュさに惚れて衝動買いしてもまったく後悔しないであろう、素晴らしく美しいエステートだ。

試乗したのはお薦めのDRIVe。何とこのクラスの輸入車にして395万円という格安な値付けである。

エンジンは時代のど真ん中と言えるダウンサイズな1.6リットルターボ。JC08モード燃費は12.8km/リットルと悪くない。

走り出せば、エンジンフィールはボルボらしく(!?)ゴロゴロしてはいるが、さすが、24.5kgm/1600〜5000rpmのターボトルクは余裕たっぷり。1560kgのボディを軽々と、爽快に加速させる。その気になればかなり活発でもある。

乗り心地はドイツ製ライバルのような高級感、しっとり感にはやや欠けるが、段差越えやうねり路などでもそこそこ快適。

本領を発揮するのは高速道路。直進性は文句なく、ドシリとして安心感たっぷりの走りを披露してくれる。

ボディサイズは全長こそメルセデスベンツ『Cクラス』と同等だが、車幅は1845mmとけっこう広い(Cクラスは1770mm)。このスタイリッシュさをデザインするには必然だった、かも知れない。

インパネはソフトパッド仕立て。が、メーター類、液晶文字はけっこう素っ気ない。過剰な高級感の演出など考えてませんよ、と主張しているようだ。

後席は足元中央の凸が大きめなのが難点。居住空間は身長172cmのドライバー基準で頭上に120mm、膝回りに155mmと、Cクラスの同130mm、180mmには及ばず。それでも2名乗車なら前席中央の空間が広いため、狭さなど感じずに済む。

「ワゴンと言えば!」のペットフレンドリー度はまずまず。荷室はフロア高665mmと高め(「Cクラスワゴン」575mm、『レガシイツーリングワゴン』600mm)だが、大型犬なら何とか飛び乗り、飛び降りれるフロア高だ。幅方向はこのクラスの平均値ながら、奥行きは950mmとそれほど広くない(Cクラスワゴン1010mm)。もっとも後席用エアコン吹き出し口がBピラーにあり、後席、荷室にもエアコンの風が届くからそこに乗るペットも快適だろう。

とはいえ、4:2:4分割式の後席をアレンジすることで荷室の奥行き拡大は自在。しかも荷室のフロアボードを立ち上げることで荷室を前後分割できるから便利。犬を乗せた後、ボードを立てて、荷物と愛犬スペースを仕切ることができたりする。

とにかく、シティセーフティなどボルボならではの先進安全装備満載で395万円の価格はライバルより割安。ナビパッケージを付けても420万円である。繰り返すけれど、世界中のワゴンの中でもっともスタイリッシュなワゴンの1台である。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
ペットフレンドリー度:★★★★

青山尚暉|モータージャーナリスト
自動車雑誌編集者を経て、フリーのモータージャーナリストに。自動車専門誌をはじめ、一般誌、ウェブサイト等に執筆。ペット(犬)、海外旅行関連の書籍、ウェブサイトも手がける。ドッグライフジャーナリストの肩書も持つ。

ボルボV60《撮影 青山尚暉》 ボルボV60《撮影 青山尚暉》 リヤクォーターウィンドーは天地が狭く、斜め後方視界はいまひとつ。《撮影 青山尚暉》 ひと目で最新のボルボと分かるリヤデザイン。《撮影 青山尚暉》 ボルボV60《撮影 青山尚暉》 ボルボV60《撮影 青山尚暉》 ボルボV60《撮影 青山尚暉》 ボルボV60《撮影 青山尚暉》 メーターデザインは素っ気ない!?《撮影 青山尚暉》 ボルボV60《撮影 青山尚暉》 ボルボV60《撮影 青山尚暉》 ボルボV60《撮影 青山尚暉》 ボルボV60《撮影 青山尚暉》 後席用エアコン吹き出し口はBピラーに備わる。後席、荷室にペットを乗せたときにも有効。《撮影 青山尚暉》 ボルボV60《撮影 青山尚暉》 後席は4:2:4分割。アレンジ自在。《撮影 青山尚暉》 ボルボV60《撮影 青山尚暉》 後席すべてを格納した状態。《撮影 青山尚暉》 荷室フロア高は665mmと高め。開口幅1000mm、開口高650mm(垂直値)。《撮影 青山尚暉》 小柄なラブラドールレトリーバーが乗るとこんな感じ。奥行きは950mm。実用幅1090mm。 《撮影 青山尚暉》 荷室のフロアボードはこのように立てて固定できる。《撮影 青山尚暉》 床下収納。《撮影 青山尚暉》 最大荷室状態での奥行きは1800mm程度まで拡大する。《撮影 青山尚暉》