メルセデスベンツCLS550ブルーエフィシェンシー

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツ『CLS』に新開発の4.7リットルV8直噴ツインターボエンジンを搭載した「CLS550ブルーエフィシェンシー」を追加し、10月24日から発売した。

新開発のV型8気筒直噴ツインターボエンジンは、綿密な燃料噴射を行なうピエゾインジェクターを用いたスプレーガイデッド・ガソリン直噴式燃料噴射システムと1ミリ秒以内に点火スパークを最大4回発生するマルチスパーク・イグニッション、ツインターボチャージャーなど最先端テクノロジーを採用した。排気量は従来の5.5リッターから4.7リッターにダウンサイズしながら、従来モデルに比べ大幅な性能アップと燃費向上を両立したとしている。

最高出力は従来モデル比21PSアップの408PS、最大トルクが70Nmアップの600Nmとなった。また、スムーズな変速と高効率を追求した7速オートマティックトランスミッション「7G-TRONIC PLUS」と、市街地での無駄な燃料消費を抑えるECOスタートストップ機能(アイドリングストップ機能)を搭載。これによって従来モデルより燃費を約50%向上した。

サスペンションに車速や走行状況に応じて減衰力や車高を自動的に調整する電子制御式エアサスペンション「AIRマティックサスペンション」を装備し、高い操縦性と上質で快適な乗り心地の両立を図った。

エクステリアは、AMGスタイリングパッケージ、19インチAMG5スポークアルミホイール、ツインクロームエグゾーストエンド、シングルルーバーフロントグリルなどスポーティな装備を充実した。

装備では、ガラス・スライディングルーフ、harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステムを標準装備。インテリアの質感を高めるエクスクルーシブパッケージ(セミアニリンレザーシート、フルレザー仕様、アルカンターラルーフライナー)を専用オプションとして設定した。

価格は1175万円。