BMW Z4 sドライブ2.0i

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMW『Z4』に4気筒ツインターボ・エンジンと8速オートマチック・トランスミッションを採用した「sDrive20i」、「sDrive20iクルージング・エディション」を設定、24日から販売開始した。納車は10月下旬からの予定。

sDrive20iは、新世代エンジン2.0リットル直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、スポーティな走行性能を発揮しながら低燃費と低排出ガスを実現したモデル。

搭載する新世代エンジンは、ツインスクロール・ターボ・チャージャー、高圧の燃料を燃焼室内に直接噴射する高精度ダイレクト・インジェクション、吸気と排気のバルブ・タイミングを最適に調整するダブルVANOS、インテーク・バルブのリフト量を無段階に可変制御するバルブトロニックを組み合わせたツインパワー・ターボ・テクノロジーを採用した。最高出力184ps/5000rpm、最大トルク270Nm/1250-4500rpmを発生、低回転から広い回転域で最大トルクを発生する。

また、セグメント初の採用となる8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションにより、滑らかで精確なギヤ・シフトを実現し、燃料消費量を低減する。

sDrive20iクルージング・エディションは、タービンスポーク・スタイリングのアロイ・ホイールやウインド・ディフレクター、サーボトロニックなど、オープンエアでの快適性やスムーズな操作性をさらに高める機能を標準装備。2010年度燃費基準+20%、2005年排ガス基準75%低減レベルを達成、自動車取得税・重量税が約50%減税となる。

sDrive20iが499万円、sDriveクルージング・エディションが519万円。