トヨタ自動車は、タイの洪水でサプライチェーンに支障が生じている問題で、日本での生産も部品調達に影響が及ぶ可能性があるため、10月24日から10月28日まで、車両工場で稼動時間を調整、減産すると発表した。

タイの洪水被害では、生産子会社のサムロン工場、ゲートウェイ工場、バンポー工場の3工場ともに浸水などの被害は出ていないものの、部品調達先からの部品の供給が滞っているため、10月10日から28日まで稼働停止することを決めている。

部品不足は周辺の国にも及んでおり、10月24日からアジアの生産拠点でも生産調整を実施することにしていた。

今回、影響は日本にも及ぶことが明らかになり、部品不足が見込まれるため、生産調整に入る。

同社は、東日本大震災の影響による部品不足が9月にほぼ解消し、10月から本格的な増産に入っていたばかりだが、タイからの部品不足が国内に波及し生産の本格回復は遠のく見通し。