日産、2016年までにグローバルで4車種を投入

日産自動車は、同社の2016年度までの6カ年中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム2016(NGP2016)」で、ゼロエミッション車で業界トップを目指すことを掲げた。

走行中の排出ガスやCO2排出がゼロのゼロ・エミッション車は、主に電気自動車(EV)で、日産はルノーと協力して2016年度までにゼロ・エミッション車の累計販売台数150万台達成を目指す。

このため、EV『リーフ』を含むEV4車種を市販するほか、量産型燃料電池車も投入する。EV駆動用バッテリーも市場に投入する。

また、日産が戦略的協力関係を結んでいるダイムラーとともに燃料電池車(FCEV)を共同開発する。

新型のFCEVをダイムラーとともに開発