三宅島エンデューロレース2年連続優勝した小池田猛選手(KTM埼玉)《撮影 中島みなみ》

22日に東京都三宅村で行われた三宅島エンデューロレース(三宅島ED)は、小池田猛(KTM SAITAMA)が、後半になって1位との差をじりじりと詰め、優勝を飾った。三宅島EDで小池田は昨年に続き2連覇。

鈴木健二(DANレーシング)が懸命に小池田を追ったが、その姿を捉えることはでき図に2位。また、前半をリードした外国人招待選手スティファン・メリマン(オーストラリア)は3位だった。

小池田選手はメリマン選手への秘めた闘志を「自分にとってはやっつけたい相手で、来る前から燃えていたので気持ちは前に出ていた」と、言葉にした。メリマン選手は「彼はとても早かった。来年また来たい」と、話した。

4位は内山裕太郎(TEAM DIRT FREAK OF TAMITON-R)、5位に大塚忠和(Teamテクニクス)が食い込み、吉川和宏(Team DIRTFREAK of TAMITON-R)が6位となった。

レース直後の暫定順位で、23日にクラス別の公式発表と表彰式が、三宅村役場隣の体育館で行われる。

三宅島EDでエキスパートクラスに出場した選手には、1位〜30万円、2位〜15万円、3位〜10万円、4〜6位〜5万円の賞金と、それぞれに副賞が贈られる。

追い上げたが一歩届かなかった鈴木健二選手(DANレーシング)《撮影 中島みなみ》 世界選手権エンデューロで4度チャンピオンに輝いたスティファン・メリマン選手は3位だった《撮影 中島みなみ》