現行バイパーの車体を使ったプロトタイプで雪上テストを行う次期バイパー

クライスラーグループが、現在開発中の次期ダッジ『バイパー』。同車が早ければ、11月にも初公開される可能性が出てきた。

これは20日、米国の自動車メディア、『TopSpeed』が報じたもの。同メディアが関係者から得た情報として、「次期バイパーは11月にフロリダ州のマイアミスピードウェイで開催されるチャリティイベントにおいて、初公開される」と伝えたのだ。

現行バイパーは2010年7月、生産を終了。しかし、最強グレードの「SRT10 ACR(アメリカンクラブレーサー)」が9月にドイツ・ニュルブルクリンクでタイムアタックを行い、量産メーカーの市販車としては最速の7分12秒13というタイムを記録。今なお高いポテンシャルをアピールしたばかりだ。

次期バイパーは2012年に発売予定。同メディアは、「新エンジンは最大出力700ps(現行型は600ps)レベル」とレポートしている。

次期バイパーが11月に初公開されると伝えた米『TopSpeed』