17日午後0時50分ごろ、長野県売木村内の国道418号を走行中のバイクが対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の路外に立ち木に衝突する事故が起きた。運転していた男性は収容先の病院で死亡。同村内で1971年4月から続いてきた交通死亡事故ゼロ記録は1万4793日で途絶えることになった。

長野県警・阿南署によると、現場は売木村岩倉付近で片側1車線の緩やかなカーブ。静岡県浜松市内に在住する40歳の男性は仲間とバイク7台を連ねてのツーリングを行っていたが、最後尾から前方2台を追い抜いたところで対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の路外に飛び出し、立ち木に衝突した。

男性は全身を強打。近くの病院へ収容されたが、大動脈破裂による出血性ショックが原因で約1時間30分後に死亡した。警察では運転操作ミスが事故の主因とみている。

事故が起きた売木村では1971年4月16日に発生した事故を最後に、翌17日から約40年間(1万4793日)に渡って交通死亡事故が発生していなかった。事故前日の16日現在で集計した場合、長野県内における交通死亡事故ゼロは1986年6月10日から9259日続く王滝村がトップとなった。