旭テックは、2011年9月中間期の業績見通しを上方修正すると発表した。

売上高は前回予想よりも15億7000万円増の385億7000万円に上方修正した。東日本大震災の影響は、自動車・建設機械部品需要の早期回復や、その後の復興需要から、予測を上回る状況で推移したため。

収益でもリーマンショック以来、取り組んで来たスリム化、合理化努力の効果もあったことなどから、営業利益が前回予想よりも9億2000万円増の15億2000万円、経常利益が4億7000万円増の9億7000万円となった模様だ。

当期純利益は4億4000万円増の6億6000万円に上方修正した。