ゼンリンは、2011年9月中間期の連結決算業績見通しを修正した。

売上高は前回予想よりも2億6000万円下回って227億4000万円となった模様。PND向けなどカーナビ用データの販売は計画通りだったものの、子会社の企業ノベルティ商品の受注が想定を下回ったため。

収益は経費抑制の効果などから上方修正した。営業損益は9億円の赤字を予想していたが3億円の黒字となる見通し。経常損益も7億円の赤字から6億円の黒字に上方修正した。

当期損益は5億円の赤字を予想していたが2億3000万円の黒字となる見通し。

通期業績見通しの修正は中間決算公表時に発表する。