政府は21日、2011年度第3次補正予算案を閣議決定した。このうち国土交通省関係では、東北地方の高速道路無料開放に250億円が計上された(一部既報)。

12月から来年3月末まで実施するための予算で、対象路線は現行の被災者対象の無料開放路線と同じだが、東北道を境に、太平洋側路線は被災地支援のため、全日、全車種を対象に無料開放し、日本海側路線については、観光振興のため、土日祝日の普通車以下(ETCのみ)について無料開放する。

なお、無料となるのは対象路線の走行分についてのみとなる。

全日、全車種が無料となるのは、東北道の白河〜安代間、常磐道の水戸〜広野間、磐越道のいわき〜西会津間、八戸道の安代〜八戸北間などで、ETC車のほか現金車も対象となる。

無料開放開始日は後日公表し、来年4月以降の取り扱いについては2012年度予算編成過程で検討する。