シナノケンシは、ドライブレコーダー『ER-X』を活用して事故の予兆を自動的に分析、改善点を提示するという業界初の安全管理支援システム「プレクスキャム・運輸安全マネジメントシステム」を開発、10月末から発売する。

プレクスキャム・運輸安全マネジメントシステムは、運輸事業者の交通事故を無くすため、トラックの運行データ収集、運転教育、事故、ヒヤリ・ハット傾向と改善ポイントの分析、アクションアイテムと改善目標の策定などを継続的に行うシステム。

利用者が任意に設定した目標値(事故、ヒヤリ・ハット類型別件数)に対しドライブレコーダーER-Xで自動収集したヒヤリ・ハット傾向を独自のアルゴリズムを使って自動分析し、改善ポイントを提示して管理目標と実績のギャップの見える化する。

傾向分析結果をもとに、的を射たアクションアイテムの策定と、目標値と管理項目の見直しを行うことができる。

ドライバーの運転傾向を分析し、事故が起こりそうな予兆を事前に指摘して事故防止に結び付けるのが特長だ。

さらに、運行管理者などが任意のタイミングで傾向分析、指導することで無理のない事故を抑止するサイクルを維持・向上できるとしている。

価格はオープン価格で、市場予想価格は20万円。