16日午後3時45分ごろ、宮城県大河原町内の国道4号で、交差点を右折していた軽トラックに対し、対向車線を直進してきた普通トラックが衝突する事故が起きた。この事故で軽トラック側の2人が死亡。普通トラックの運転者も重傷を負っている。

宮城県警・大河原署によると、現場は大河原町新南付近で片側2車線の直線区間。交差点を右折しようとしていた軽トラックに対し、対向車線を直進してきた普通トラックが衝突したものとみられている。

双方の車両は中破。軽トラックを運転していた柴田町内に在住する94歳の男性と、同乗していた85歳の女性が全身強打でまもなく死亡。普通トラックを運転していた福島県伊達市内に在住する24歳の男性も足を骨折する重傷を負い、近くの病院へ収容されている。

現場の交差点には信号機が設置されているが、当時は双方とも青表示だったとみられている。警察では直進側が速度超過だった疑いも考えられるとして、事故発生の経緯を詳しく調べている。