改善箇所説明図

スバルテクニカインターナショナルは20日、後付け用品として販売したエアインテークダクトに不具合があるとして、自主改善を実施すると国土交通省に報告した。

対象となるのは、2002年10月11日〜07年4月23日に製作した『インプレッサ』で、車台番号はGDB-016001〜GDB042654、パーツ販売期間は2003年3月10日〜11年7月20日。

エアインテークダクトの構造が不適切なため、ダクトの金属コネクタ部と燃料パイプが接触し、パイプが摩耗して穴が開き、燃料が漏れて火災に至るおそれがある。

エアインテークダクトの金属コネクタおよびゴムホースを対策品に交換するとともに、ホース固定クランプを追加する。また、燃料パイプを点検し、接触した痕跡が認められた場合は、パイプを新品に交換する。