田中貴金属工業は、2011年1月から9月までの投資用金地金、プラチナ地金の販売量と買取量をまとめた。

金地金は、1月から9月までの9か月間の平均価格は3991円/gで、前年同期の平均価格3418円/gを550円以上上回り、平均価格で4000円/gをうかがう高値圏で推移している。

売買状況は、前年同時期と比べ販売量は2.8%減少、買取量は40.5%増加となった。買取量は、昨年1年間の買取量に9か月間で迫る結果となった。

金価格が高値推移する中、欧州諸国のソブリンリスクの動向や年末にかけて宝飾需要が活性化するインドなどの新興国の実需の動きなどに市場の注目が集まる。

プラチナ地金は9月までの9か月間の国内価格の平均は4717円/gで、前年同期の平均価格の4650円/gを若干上回った。

売買状況は、前年同時期と比較して販売量は19.6%増加、買取量は16.6%減少となった。販売量に関しては、昨年1年間の販売量を9か月間で上回る結果となった。

プラチナ投資が活発になる中、今後インド、東南アジアなどのアジア圏の自動車需要の動向と欧州の自動車需要の回復に市場の注目が集まることが予想されるとしている。