富士重工は、スバル・インプレッサ を11月30日に発売すると発表した。(写真:同社ウェブサイトでのフルモデルチェンジの事前告知)

富士重工業は20日、スバル『インプレッサ』をフルモデルチェンジして11月30日に発表すると予告発表した。新型インプレッサでは、新たにサブネームとして、5ドアを「スポーツ」、4ドアを「G4」とすることが決定した。

新型インプレッサは、「New Value Class」をコンセプトに、クルマの本質的な愉しさの追求と、これからの時代が求める環境性能の向上を実現することを目指して開発したという。

5ドアの「インプレッサスポーツ」は、スタイリッシュな内外装、室内や荷室空間の広さ、ロングツーリングもこなす走りの良さを提案するクルマとしてネーミング。

4ドアの「インプレッサG4」は、走りと環境性能を高次元でバランスさせた次世代スポーティセダンとし、G4「Genuine:本物の、真の+4door」とネーミングした。

発売に先駆け、20日より「SUBARUオフィシャルウェブサイト」では、「新型インプレッサ プレサイト」を一般公開、それぞれのシルエットを確認することができる。

富士重工は、スバル・インプレッサ を11月30日に発売すると発表した。(写真:同社ウェブサイトでのフルモデルチェンジの事前告知) 富士重工は、スバル・インプレッサ を11月30日に発売すると発表した。(写真:同社ウェブサイトでのフルモデルチェンジの事前告知)