米国フィスカーオートモーティブのエンジン併用型レンジエクステンダー(航続距離延長)EVスポーツ、カルマ

米国のフィスカーオートモーティブが開発したエンジン併用型レンジエクステンダー(航続距離延長)EVスポーツ、『カルマ』。同車の燃費性能が米国EPA(環境保護局)に認定された。

カルマは、2個の強力なモーター(最大出力403ps、最大トルク132.6kgm)を搭載。約50kmをゼロエミッション走行できる。二次電池は蓄電容量22kWhのリチウムイオンバッテリーで、家庭用コンセントからも充電可能だ。

また、カルマは発電専用エンジンを搭載。バッテリー残量が少なくなると、GM製の直噴2.0リットル直列4気筒ターボエンジンが始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーを充電する。これにより、最大航続距離は約480kmまで伸びる。

アルミスペースフレームにアルミ複合素材を組み合わせたボディは軽量に仕上げられ、0-96km/h加速5.9秒、最高速度200km/hのパフォーマンスを実現。米国での価格は、8万8000ドル(約675万円)からだ。

そのカルマが18日、米国EPAから燃費性能の認定を受けた。その内容は、市街地と高速を合わせた複合モード燃費が22.1km/リットル、EVモードの最大航続可能距離が51.5kmというもの。

同社のヘンリック・フィスカーCEOは、「カルマの多くの顧客に、ゼロエミッションでの日常走行を楽しんでもらえると確信している。カルマは画期的な新型車だ」と述べ、自信を見せている。

米国フィスカーオートモーティブのエンジン併用型レンジエクステンダー(航続距離延長)EVスポーツ、カルマ