メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツ『Cクラス』の「C200ブルーエフェシェンシィ」、「C200ブルーエフェシェンシィ・アバンギャルド」を一部改良して発売開始した。

今回C200ブルーエフェシェンシィにECOスタートストップ機能(アイドリングストップ機構)に加え、利便性の高い8ウェイパワーシートを標準装備した。

価格はこれらの装備を追加しながらセダン、ステーションワゴンとも従来モデル比で5万円のアップに抑えた。

また、C200ブルーエフェシェンシィ・アバンギャルドは、AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー・サイド&リアスカート)や、17インチAMG5ツインスポークアルミホイール、スポーツサスペンション、ロゴ付フロントブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスクを装備した。

また、マルチファンクション3本スポーツステアリングやパドルシフト、本革巻・アルミニウムシフトノブ、前席スポーツシート、ステンレスアクセル&ブレーキペダルなど内装を充実する装備も標準化して、よりスポーティなイメージを強調した。

ECOスタートストップ機能(アイドリングストップ機構)も追加しながら、価格はセダンで従来モデル比の17万円アップ。ステーションワゴンで同16万円アップに抑えた。

さらに、今回に一部改良に伴ってオプション装備「AMGスポーツパッケージ」は従来の価格から大幅に引き下げた。C200ブルーエフェシエンシィは44万円だったのを22万円に、「C250ブルーエフェシエンシィ・アバンギャルド」が40万円だったのを20万円にそれぞれ値下げした。