自動車整備・修理業者にリサイクル部品の活用について聞いたところ、98.3%が使用したことがあると答え、リサイクル部品を使用する車としては新車登録後3年以上9年未満が77.5%を占めていることが日本損害保険協会の調査でわかった。

この調査は自動車整備・修理業者のリサイクル部品の活用について聞いたもので、全国290業者の回答結果をまとめた。

それによると業務使用のユーザーに対しリサイクル部品利用の働きかけは「積極的に推薦」39.0%、「ユーザーの選択に任せている」35.9%、「ユーザーの希望があれば対応」24.1%、「特に勧めていない」1.0%の順となった。

実際にリサイクル部品を使った車両について聞いたところ「新車登録後3年以上9年未満」77.5%、「新車登録後9年以上」12.3%、「新車登録後3年未満」9.8%だった。リサイクル部品を普及させるためのアピール点(複数回答)については「新品よりも廉価」81.4%、「品質の確保」65.2%、「安全性の確保」45.9%、「保証付き」44.1%などとなった。

一方、リサイクル部品を顧客に勧めていないと答えた業者に理由(複数回答)を聞いたところ、「不具合時の保証に確信が持てない」66.7%、「リサイクル部品が安いとは思えない」50.0%、「ユーザーがリサイクル部品を望んでいないと思う」33.3%などだった。