キャデラックが2012年から米国で導入する車載インフォテインメントシステム、CUE

GMの高級車ブランド、キャデラック。同ブランドが2012年から、米国で新しい車載インフォテインメントシステム、「CUE」を導入する。

CUEとは、キャデラック・ユーザー・エクスペリエンスの略。競合する高級車ブランドよりも優位に立つべく、最も先進的で使いやすいインフォテインメントシステムを目指す。

システムの核となるのが、ダッシュボード中央に配置された8インチの大型スクリーンモニター。モニター横のスイッチは4個と少ない。これは、タッチパネル方式での操作をメインとしているからだ。

そのタッチパネルだが、最新のスマートフォンのように、近接センサーを内蔵。画面に触れることなく、タップ、フリック、スワイプ、スプレッドといった指の動きで、表示内容を切り替えることもできる。

もちろん、インターネットへの接続、ナビゲーション、音声認識など、機能は豊富。スクリーンモニターの表示の一部機能を、ドライバー正面のメーター内に映し出すことも可能だ。ステアリングホイールのスイッチでの操作にも対応する。

このCUE、2012年から米国仕様のキャデラックに採用予定。キャデラックは、「CUEはビギナーからヘビーユーザーまで、車載インフォテインメントを必要とするあらゆる顧客を満足させるシステム」と説明している。

キャデラックが2012年から米国で導入する車載インフォテインメントシステム、CUE