義手への適用例

豊田合成は、アドバンスト・ソフトマテリアルズ(ASM)と共同開発した低電圧で駆動する誘電アクチュエーターを組み込んだ義手(プロトタイプ)の駆動に成功した。

誘電アクチュエーターは、電気エネルギーの入力を機械動作の運動エネルギーに変換する装置。今回開発した誘電アクチュエーターは、SRM樹脂をフィルム状に形成し、直径12mm、長さ60mmのロール状に巻き取った円筒形で、電圧をかけることで駆動する。

ASMが開発したSRM樹脂と、豊田合成の誘電アクチュエーター技術を組み合わせることで従来の直動型モーターよりも軽量で静粛性が高く、エネルギー効率の高い誘電アクチュエーターを開発した。

両社は今後、さらなる低電圧駆動化と出力向上を目指すとともに、義手適用への優位性について検討する。また、2012年度末までに、材料、構造、製造プロセスを最適化して誘電アクチュエーターの特性が生かせる義手などの福祉・健康機器向け製造用ロボット向けのほか、サービス分野向けなどの幅広い分野で使われる部材となるよう出力10N/変位5mmの実現を目指していく。

スライドリング・マテリアル樹脂を用いた誘電アクチュエーター