改善箇所説明図

ヤマハ発動機は18日、原付オートバイ『ジョグCE50』など10車種のスロットルケーブルに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。

対象となるのは、2006年3月8日〜11年10月4日に製作された27万3262台。

スロットルケーブル周りの防水構造が不適切なため、ケーブル内部に水が浸入し、外気温が氷点下の環境でケーブル内部にたまった水が凍結し、走行中にアクセルグリップが戻らなくなってエンジンの回転が下がらなくなるおそれがある。

全車両、スイッチケース下部のケーブルを固定するステイに補強板を追加するとともに、ケーブルの防水ブーツの両端にクリップを追加し、スイッチケースの締め付けボルトを車両前方側に隙間を生じない締め付け順に変更する。また、スロットルケーブル内の水分を除去するため、ケーブル内部のエアブローを行うが、『ビーノモルフェXC50H』は構造的にエアブローができないため、ケーブルを新品と交換する。

不具合発生件数は50件で、市場からの情報で発見した。物損事故が5件、重傷事故が1件起きている。