特種東海製紙は18日、リチウムイオン二次電池をターゲットとした、耐熱性に優れた安価な電池セパレータ(絶縁体)の開発に成功したと発表した

従来、リチウムイオン二次電池のセパレータは、主に樹脂性フィルムが使用されているが、電池の破裂・発火等を引き起こす熱暴走が発生した際の安全性(耐熱性)が問題視されており、さらにはセパレータのコスト高が大きな課題となっている。

同社は、安全かつ安価な電池セパレータの開発に着手し、セルロースを材料とした微多孔膜を開発。セルロースを用いることで耐熱性と低コストを両立。さらに特殊な技術を付与することで二次電池向けセパレータとしての必要な基本性能を併せ持つことを可能とした。

新開発のセパレータは、特にハイブリッド自動車や電気自動車へ搭載される二次電池向けとして、2012年度末を目標に生産開始予定としている。