東日本大震災でのインターナビによる取り組み「通行実績情報マップ」(イメージ)

ホンダは18日、東日本大震災でのインターナビによる取り組み『通行実績情報マップ』が、「2011年度グッドデザイン大賞」候補の6点のうちの一つに選出されたと発表した。

候補に選出された通行実績情報マップは、ホンダのカーナビゲーションシステム「インターナビ」が収集したクルマの走行データを用いた東日本大震災での移動支援の取り組み。今回、社会貢献活動のデザインのカテゴリーにエントリーし、2011年度グッドデザイン大賞の候補に選出された。

ホンダは、東日本大震災の被災地域住民や被災地域へ支援に向かう人々スムーズな移動を支援する目的で、震災翌朝の3月12日10時30分より、インターナビ会員の車両から収集した走行実績データを活用した通行実績情報を開示。この通行実績情報は3月14日から「Google 自動車通行実績情報マップ」で、4月21日から「Yahoo!地図」の道路通行確認マップで公開された。さらに、4月27日からは通行実績情報に加え、両社に渋滞実績情報の提供も行っている。

審査では、通行実績情報が震災翌日から威力を発揮し、被災地支援に大きく役立ったことや、前日24時間以内の最新情報のみを毎日(午前10時に)更新するなど、被災地に向かう人々へ提供し共有を続けたことが、高く評価された。

「Google災害情報特設サイト」自動車通行実績情報マップ(イメージ) 「Google災害情報特設サイト」自動車通行実績情報マップ(イメージ) 「Yahoo!地図」道路通行確認マップ (イメージ) ホンダHDDインターナビシステム+リンクアップフリー