パテント・リザルトは、独自に分類した「鉄鋼・非鉄金属品業界」の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「鉄鋼・非鉄金属品業界特許資産の規模ランキング2011」をまとめた。

ランキングは、2010年4月1日から2011年3月末までの1年間、鉄鋼・非鉄金属品メーカーが登録した特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を使って評価し、企業ごとに総合得点を集計した。

この結果、新日本製鐵が前年に続いて1位となった。注目度の高い特許には「水質測定装置に関する技術」や「大型船舶などにおいて破壊じん性に優れた溶接継ぎ手」に関する技術などがある。

2位の住友電気工業は「半導体デバイスなどに使われる多孔質樹脂基材」や「パワー半導体」に関する技術など、3位の神戸製鋼所は「超高強度の薄鋼板」や「燃料電池用セパレータ」などの技術についてそれぞれ注目度の高い特許を持つ。