ストーナー(MotoGPオーストラリアGP)

16日に開催された「FIM2011ロードレース世界選手権シリーズ」第16戦オーストラリアグランプリのMotoGPクラスは、ケーシー・ストーナー(ホンダ)が優勝。これにより、ストーナーのライダーズ・チャンピオンシップが決定した。

オーストラリアGPは、断続的に雨が降る不安定な天候の中で決勝レースが行われ、地元ファンの熱烈な声援を受けたストーナーが、今季11回目のポールポジションから今季9勝目を達成。残り2戦のシーズン終了を待たずに、11年のタイトルを獲得した。

また、ホンダのコンストラクターズ・チャンピオンシップも確定した。ストーナーにとっては、07年以来4年ぶり。ホンダにとっては、06年以来5年ぶりのタイトル獲得だ。

16日は、チャンピオンシップ2位のホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)がウオームアップで転倒して決勝を欠場。ストーナーは6位以内に入れば自力でチャンピオンが決まるレースだったが、オーストラリアGP5連勝で、タイトルを獲得した。

ストーナーは、レースは信じられないほど難しかった、とコメント。「雨を心配して早めにリードを築こうとした。終盤の雨は、雨の壁の中に入ったようだった。最終コーナーでグラベルに飛び出しそうになったが、なんとかコントロールして後続との差をキープできた」

「今朝のホルヘ(ロレンソ)のアクシデントは本当に残念だ。もし彼がレースに出場していたら、このような結果にはならなかったと思う。今日は最高の一日だ」。

ストーナー(MotoGPオーストラリアGP) ストーナー(MotoGPオーストラリアGP) ストーナー(MotoGPオーストラリアGP) ストーナー(MotoGPオーストラリアGP) ストーナー(MotoGPオーストラリアGP) シモンチェリ、ストーナー、ドヴィツィオーゾ(MotoGPオーストラリアGP) ストーナー(MotoGPオーストラリアGP) ストーナー(MotoGPオーストラリアGP) ストーナー(MotoGPオーストラリアGP)