“痛車”の初音ミクグッドスマイルBMWがSUPER GT300クラスのチャンピオン獲得

栃木県ツインリンクもてぎで16日開催されたSUPER GT第8戦は、“痛車”の「初音ミクグッドスマイルBMW」がGT300クラスで優勝。GSR & Studie with Team UKYOが、2011年度のGT300クラスのシリーズチャンピオンを獲得した。

初音ミクグッドスマイルBMW(ドライバー:谷口信輝、番場琢)は、今シーズン、第3戦、第6戦で2勝をマークし、一時はポイントランキング首位に躍り出るも、 第7戦で2位へと後退した。

ツインリンクもてぎの最終戦までもつれ込んだGT300クラスのタイトル争いは、最終戦を勝利で飾ることでポイントランキングトップを逆転し、ドライバー、チームの両チャンピオンタイトルを獲得した。

2008年より発足した「初音ミクGTプロジェクト」にとっては悲願のタイトル、GSR & Studie with Team UKYOはチーム結成初年度で、谷口選手と番場選手の両ドライバーにとっても初タイトルとなった。

“痛車”の初音ミクグッドスマイルBMWがSUPER GT300クラスのチャンピオン獲得 最終個人スポンサー数は1万6056名