矢野経済研究所はエアバッグシステムの世界市場に関する調査を実施しその結果をまとめた。

調査期間は6〜9月にエアバッグモジュールメーカ、エアバッグECUメーカ、センサデバイスメーカなどに同社専門研究員が面談や電話で聞き取り調査した。

調査では、エアバッグモジュール、エアバッグECU、センサデバイスを分析し、エアバッグシステムの2017年までの世界市場を予測した。

それによると2010年のエアバッグモジュールの世界市場は、約2億5774万個と推計。搭載タイプ別にみると、市場全体の42.2%を占めるフロントエアバッグ(運転席、助手席)が1億0888万個、次いで側面衝突保護用のサイドエアバッグが7316万個、乗員の頭部保護と車外放出防止を目的としたカーテンエアバッグが7054万個、高級車が中心のニーエアバッグは516万個と予想する。

2011年以降の市場予測は、北米や欧州、日本については法規と安全基準を軸にエアバッグシステムの搭載数量は増加する見通し。先進国はすでに高い装着率であるため、今後は中国やインドなどの新興国が牽引役となりエアバッグシステム市場は拡大、2017年の世界市場は4億4629万個と予測する。